きれいな仕草の人と、そうでない人の違いとは!?

時々出会う、仕草のきれいな女性。

同じ女性でも、見ていてうっとりしますよね。

服装は他の女性と変わらないのに、一体何が違うのでしょうか。

答えは、、、、

柔軟性の違いです!

体が硬いとお悩みの方は意外と多いもの。

立つ時、座る時、ロボットの様なぎこちない動きになっていませんか?

5年ほど前のTV番組で「体が柔らかい人、硬い人の仕草・立ち振る舞いを比べる」というのをしていました。

被験者は何も知らされずに、(料亭の)和室に入り、座布団に座ります。

店員はわざと座卓の奥にお茶を置き、被験者はそのお茶を取ります。

これだけですが、柔らかい人と硬い人の動きが全然違うのです!

体の柔らかい人は、座る時、背筋を伸ばしたまま座るのに対して、

硬いは椅子の背もたれか、座卓に手を置き、バランスを取りながら座ります。

そして、お茶を取る時は、柔らかい人の場合、上半身がすっと前へスライドするのに対して、硬い人は片手を座卓に置き、体を支えながら身を乗り出してお茶を取ります。

年は変わらないのに一方はしなやかで無駄な動きはないのに対して、もう一方は動きが多く、野暮ったくみえるのです。

最後に上着を着る時も、2人の動きの違いは歴然でした。

柔軟性は、雰囲気や仕草など外にもあらわれるんですね。

体が硬いことを隠していたのに、野暮ったい動きになっていたなんて。

自分を客観的に見られないから恐ろしい、、、。

きれいな仕草の女性は、「しなやかな体」を持っていたのですね。

でも、もう子供ではないから柔らかくならないと諦めていませんか?

大丈夫です。

体は、何歳からでも柔らかくなります。

気温が上がるこの時期、特に体は柔らかくなりやすいです。

ストレッチを始めるには、ちょうど良い時期。

GWや、お盆休みの同窓会。

柔らかい体で、同級生の中の「1番きれいな仕草」の女性になりませんか。

うっとりする側から、される側へ。

始めるなら1日でも早い方が良いです。

なぜなら、筋肉を伸ばし、関節を広げるには時間が必要だからです。

「座った前屈1日10分」から始めませんか。

前屈のポイントは、背中を丸めないことです。

息を吸いながら、背中を長く伸ばして、

吐きながら、少しだけ前へ倒れます。手は置きやすいところへ置きます。

この時に、深く倒さなくても良いので、背中が丸まらないところでゆっくり呼吸を繰り返します。

足は、閉じても開いても前屈はいつでも背中を伸ばして行います。

効果的に、確実に結果を出したい方は、お気軽にお問い合わせください。

お読みいただきましてありがとうございます。

レッスンについてのお問い合わせは下記まで