ヒザが痛いと運動はできない?

めっきり秋めいてまいりました。
そろそろ体の方も夏の疲れが出るころですね。

皆さま、こんにちは。
Shape21スタッフの宮脇です。

『最近、膝が重た~い』なんてことはありませんか?
毎日、私たちの体重を支えているのは足腰です。

そんな大切な役割を持つ足腰が「重た~い、痛~い」なんてことになると、ついつい動くのが億劫になってしまいますよね。誰だって動きたくありません。

その結果、運動不足ということに、、、。
しかし!動かさなければ良くならないと言われています。

痛くても体を動かす事で、膝の負担を減らすことができます。

膝を支える筋力をつけること体を動かし体重を落とすことで膝の負担が軽減します。
痛みが改善されれば、更に動きやすくなるという好循環を作り出すことが、痛み改善の第一歩になるそうです。(但し、炎症を起こして腫れている場合や痛みが強い場合は除いてね。)

今回は、NHKきょうの健康から出ている2つの運動をご紹介いたします。他にも運動が載っているので詳しくは、下記リンク先をご覧下さい。

まずは1つめの運動です。

  1. ひざの可動域を広げるストレッチ
  • あおむけに寝転がる
  • 片方のひざを曲げ、胸のほうにゆっくりと引き寄せる
  • 左右それぞれ5回ずつ行う

<ポイント!>
手で脚を引っ張るのではなく、脚の力だけで引き上げる。手は添えるだけ。

そして2つ目の運動です。

  1. 横上げ運動
    骨盤の横にある中殿筋を鍛える運動です。中殿筋を鍛えると、骨盤が安定し、ひざへの負担が軽くなります。
  • 身体と脚がまっすぐの状態で横向きに寝る
  • 下側の脚は軽く曲げる
  • 伸ばした方の脚をゆっくり上げる
  • 上げた状態で5秒間静止し、ゆっくり下ろす
  • 左右それぞれ20回ずつ行う

<ポイント!>
脚を高く上げ過ぎると腰が痛くなる。お尻の横にきいていると思う高さで止める。
おへそが少し下向きになるように意識し、上半身が後ろに開かないようにする。

いずれも、無理はしないように、ご自身の体を優先して痛みのない範囲で行なって下さいね。また、ウォーキングや水中ウォーキング、自転車等の有酸素運動もお勧めだそうです。

いかがでしょうか?
これなら簡単に続けられるわ!と思われる方、沢山いらっしゃると思います。そうです、「継続は力なり」です。今日から始めてみませんか?

膝の重さや痛みが軽減して、動きやすい体に一歩近づくかもしれません。

Shape21ではお客様それぞれのお体に合わせたレッスンを行っております。
「痛みがあるから運動はできない」と思われている方、お気軽にご相談下さい。

参考・引用:NHKきょうの健康 2017/07/04放送 ”これで改善! 膝の痛み徹底対策”

レッスンについてのお問い合わせは下記まで