【健康豆知識】美容と健康に*旬はこれから?秋においしい簡単トマトメニュー

毎日の食卓で欠かせないお野菜

夏の暑さでお肌があれたり、冷房で体が冷えて体調を崩していませんか。そんな方に是非お試しいただきたいメニューがあります。

トマトを使ったレシピです。

トマトの効果は、新聞やテレビでも目にしますよね。改めてトマトにはどのような効果があるのでしょうか。本日はトマトについてお知らせいたします。

トマト=リコピン酸

リコピンとは、トマトやスイカに含まれている赤い、色素の事。
特徴は → 抗酸化作用で美容と健康の為に働きます。

美容といえば、美肌効果肥満予防、勿論どちらにも効果は抜群。
また、老化予防にもなります。

生活習慣病の代表的な血管の病といえば、動脈硬化や脳卒中です。
それらをを予防する働きも含まれているので健康の為にも良い結果が生まれます。

朝・昼・夜、いつ食べるのが効果的?

吸収率が一番良いのは、朝と言われています。

また、リコピンには紫外線による活性酸素を抑制する効果があるので、日焼け止め対策としても朝に食べるのが良いかもしれませんね。

朝に赤いトマトがテーブルに並ぶと元気になりそうです。

どのように摂るのが効果的?

生のままでも良いのですが、加熱することによって更に吸収力が高まります。
また、オリーブオイルや、チーズ、玉ねぎ、ニンニクを合わせることによって相乗効果が生まれます。

お勧めしたいメニューをご紹介いたします。

 朝食にぴったり!チーズと玉ねぎをトッピング
〜 美容と健康にうれしいトマトトースト〜

1. パンの上にスライストマトを並べます

2. その上にスライスした玉ねぎをのせます

3. そしてチーズをトッピングしたらオリーブオイルをたらします

4. 塩をふりかけます(お家にあるようならバジルとガーリックソルトがお勧め)

5. オーブントースターで5分間チーン!
こんがりとチーズが焼けたら完成です。

トマトは熱を加えると甘みが増すので、おいしさがUPしますよ。

実はこのメニュー、とあるテレビ番組で、有名な先生が「毎日これを食して元気なんです」と、おっしゃっていました。

朝から食欲ないという方は、コップ一杯のトマトジュース(150㏄)でもOKです。牛乳と合わせるとリコピンの吸収力が高まるそうですよ。

ヨーロッパでは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。
トマトだけでなく、りんごや柿でも言いますよね。

「赤い食べ物」には私たちに、健康をもたらしてくれるのかもしれません。

トマトが一番おいしい季節とは?

ところで、トマトの旬はいつだと思いますか。
トマトは一年中出回り、夏が旬というイメージが強いのですが、実はトマトは高温多湿に弱く、涼しく強い日差しを好みます。

トマトが最もおいしくなるのは、春から初夏、そしてこれからの季節、秋から初冬です。最もおいしくなるトマトを美容と生活習慣病の予防に積極的に摂りませんか。

本日は、体調を崩している方に取り入れて頂きたい、これから旬のトマトのお話をさせていただきました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

レッスンについてのお問い合わせは下記まで