【胴体のツイスト】オフィスで座ってできる*ポイント体操

マスクをしても苦しくならない体操です。
※動画は動きを見せるためのダイジェスト版です。皆さんはゆっくり行ってください

【胴体のツイスト】
椅子の横に座り胴体をひねっていきます。自分の力だけでは難しいツイストも背もたれに手をかけ安定させると楽な力で胴体をひねることができます。首も軽くひねって黒目は目の縁にあたるくらい後ろを見ていきます。上背部の緊張を和らげ滞りやすい血液循環を活発にしていきます。また解毒作用があったり、背骨周りの筋肉を温め鍛えることができます。中心軸を意識して「下半身を安定させ」「伸ばして」「ひねる」ようにしてくださいね。

▼ セットーーーーー
椅子の横に深めに座る
両手は肩幅に開き背もたれを持つ

▼ 動作ーーーー
(1) 吸いながら背筋を上に伸ばす
(2) 吐きながら背中側の手は椅子を押し、お腹側の手は手前に引き寄せる(このまま呼吸を繰り返す)

体を戻す時
吸いながら顔だけ正面に戻す
吐きながら体も正面に戻す

反対側を向き(1)(2)を繰り返す

▼ 目安の回数ーーーー
片側3呼吸ほど

▼ Pointーーーー
ツイストはただねじるのではなく意識して行う必要があります。骨盤と脚を安定させ、体の正面と背面を均等に伸ばします。背中が丸まったり、どちらかの体側がつぶれた状態でツイストしないようにします。胸を開いて首回りの空間を保ちながら(肩は上げない)視線は遠くを見て、たっぷり酸素を取り込みます。仕事中、背中の強張りを感じた時や疲れを感じた時などにやってみてくださいね。ツイストの効果を充分得ることができますよ。

▼ 注意することーーーー
・中心軸がずれるくらいツイストを深めない(強く椅子の背もたれを「押す・引く」しない)
・ツイストは骨盤からひねったり、首だけひねったりしない(肋骨からひねり始める)
・背中を丸めてツイストしない(脊柱の圧迫に繋がる)
・どこかに痛みが出る場合はやらない

▼ ポイント体操(PDF版)ーーーー
20個あるポイント体操が一覧できます
曜日を書込み日々の健康維持・増進にお役立てください

レッスンについてのお問い合わせは下記まで

FAXでのお問い合わせも受け付けております。
下記のボタンから「FAX専用お問い合わせシート」をダウンロード・印刷をしてご利用ください。