【手首のストレッチ】オフィスで座ってできる*ポイント体操

マスクをしても苦しくならない体操です。
※動画は動きを見せるためのダイジェスト版です。皆さんはゆっくり行ってください

【手首のストレッチ】
片手を前に伸ばして手首を反らせるストレッチです。キーボードを叩く手は、いつもグーのように丸まった状態です。デスクワークで手のコリを感じたら、手を癒してあげましょう。手首や指の関節を伸ばすだけで、手が軽くなり脳もリフレッシュしますよ。

▼ セットーーーーー
深めに座り、足は楽な位置に置く

▼ 動作ーーーー
(1) 左手を前に伸ばし、手の平は上に向ける
(2) (吐きながら)右手は左手の付け根を持って、手前に引き込む

▼ 目安の回数ーーーー
片手3呼吸ずつ

▼ Pointーーーー
伸びる箇所は、4本の指(指の付け根や、指の間の関節)、手首、前腕です。ストレッチをする時に、反対の手の親指はストレッチする手の甲から押し出してあげると更に伸びが感じられます。丁寧に行いたときは指を1本ずつ反らせます。親指を伸ばす時は、握手をする手を作り(親指は上)反対の手で手前に引き寄せます

▼ 注意することーーーー
・肘はピンと張らない(張った状態でやり続けると肘が過伸展になり鈍い痛みが出始める)
・肘の過伸展を防ぐ為に肘をわずかに緩めるか(肘がカチッとロックされた状態を外す)、肘に力を入れて筋肉を使った状態で行う
・痛みがでるまでやらない(心地よいと感じる所までにする)
・どこかに痛みが出る場合はやらない

▼ ポイント体操(PDF版)ーーーー
20個あるポイント体操が一覧できます
曜日を書込み日々の健康維持・増進にお役立てください

 

 

レッスンについてのお問い合わせは下記まで

FAXでのお問い合わせも受け付けております。
下記のボタンから「FAX専用お問い合わせシート」をダウンロード・印刷をしてご利用ください。